HOME - おしらせ - 福原さん(2年) 第24代高校生平和大使熊本県代表に決定!

おしらせ

福原さん(2年) 第24代高校生平和大使熊本県代表に決定!

[2021/05/26]

 5月23日(日)に第24代高校生平和大使熊本県選考会が水前寺共済会館グレーシアにおいて開催され、本校2年生の福原杏さんが熊本県代表に選出されました。本校からの県代表選出は第20代を務めた荒木美柚さん(S71回卒)以来4年ぶりとなります。福原さんは1年生のときから「核兵器廃絶と平和な世界の実現をめざす『高校生1万人署名活動』」実行委員メンバーとして、(感染防止対策等をとったうえで)街頭署名活動などを行ってきた実績があり、選考会前日の22日(土)には共同での活動報告も行っています。選考会では小論文やスピーチ等が志願者に課され、福原さんは平和に対する思いの深さや活動参加への熱意や意欲の高さが評価され、今回の代表選出決定となりました。

 高校生平和大使は国際連合では「ヒロシマ・ナガサキ・ピース・メッセンジャー」として広く認知されていて、2000年の第3代からは国連軍縮会議が開催される国連欧州本部(スイス・ジュネーブ市)を訪問し、高い評価を得ています。2018年からノーベル平和賞にノミネートされたことで国内外での認知がさらに高まっています。高校生平和大使の目的は、①核兵器廃絶と世界の平和を願う長崎・広島・日本の市民の声を世界に届ける、②高校生1万人署名を届ける、③核兵器廃絶に向けての国際協力・国際連帯の基盤を作る、です。[出典:高校生平和大使・高校生一万人署名活動HPほか]

 昨年度(第23代)は実施できなかった高校生平和大使の国連欧州本部派遣は現時点では日程の計画はされています。今後の状況等によっては当然に変更等の可能性がありますが、派遣の有無にかかわらず福原さんは高校生平和大使として(第25代に引き継ぐまでの)約1年間、大切なはたらきを担っていくことになります。その活躍の様子や熱い思いについては各種メディアでも今後採り上げられていくことになりますし、学校ニュースでもお知らせしていく予定です。福原さんの第24代高校生平和大使としての歩みが守られ、有意義なものとなりますようにお祈りいたします。