同窓会からのおしらせ

映画『アンダードッグ』に荒川氏(S56回)が出演

[2020/12/18]

11月27日より全国公開されている、映画『アンダードッグ』に九学ボクシング部の荒川泰次郎氏(S56回・2004年卒)が新井役で出演しています。

この映画は、2014年に公開された安藤さくらさん主演のボクシング映画『百円の恋』の制作陣が再び集結し、制作されたボクシング映画です。アンダードッグとは、ボクシング界では噛ませ犬と呼ばれていて、期待の選手を勝たせる為に、落ち目の選手や、明らかに力の差がある選手と闘わせるという意味があります。東京国際映画祭のオープニング作品として選ばれた作品です。劇場にてご覧ください。

127731370_3441483392636908_5194008149870964481_n.jpg