九州学院HOME - おしらせ - おしらせ詳細

おしらせ

中高 2学期がスタート

[2020/08/20]

 8月20日(木)、中高は2学期始業日を迎えました。新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校措置(1学期始業式・1年生入学式の日は除く)が5月末までとられたため、今年度は授業日数回復のために短い夏休み(8月8日~19日の12日間)となりました。

 夏休み前時点での計画ではこの日から午後の授業(6時限または7時限まで)も行うことにしていましたが、猛暑が続くなかでの始業にあたり生徒の体力面を考慮して午前中授業(4時限まで)へと変更しました(19日付発表)。2学期始業式は1学期終業式と同様に、中高同時に各教室で実施しました(3号館ホールから音声・映像を中継)。

 始業式では阿部英樹院長・中高校長が生徒たちに訓話を行いました。そのなかで阿部院長は「節目にあたるこの日に皆さんの『原点』に立ち返りましょう。夢の実現に向けて『挑戦』して力を身に着けていきましょう。そして『隣人・他者を大切にする姿勢』をぜひ実践してください」と生徒たちに語り、本校の教育目標である「自分で自分を監督し、世の役に立つ善人になる」ことをあらためて説きました。

 始業式を終えた生徒たちは大掃除を行い、ホームルーム・学活に臨んだ後、早速新学期最初の授業で勉学等に励みました。3学期制をとっている本校では、2学期が授業日数が最も多い学期となります。昨年度までとは大きく異なる「新たな日常の学校生活」を送っていくこととなりますが、生徒・教職員そして保護者の皆さまはじめすべての関係の方々のうえに、主による恵み・導き・平安が豊かにありますようにお祈りいたします。

 

IMG_0277.JPGIMG_0279.JPG