九州学院HOME - おしらせ - おしらせ詳細

おしらせ

震災復興特別募金 中間報告とお願い

[2020/02/20]

 2017年度より九州学院では「九州学院創立110周年 震災復興特別募金委員会」を組織して会合を都度開催しています。2016年の熊本地震では九州学院も甚大な被害があり、2・4号館の改築・修築をはじめ3号館・屋内プール・ブラウン記念チャペルなど多くの建物や構築物の修繕を行いました。

 九州学院は2021年に創立110周年を迎えます。節目となるこの年に向けて建物等の復興にかかる費用の一部に充てる「九州学院創立110周年 震災復興特別募金」を設立し、現在も募金活動を行っております(募金期間:2018年3月~2022年3月)。2018年6月、2019年6月には熊本県立劇場において特別募金イベントも開催させていただき、学院・生徒・園児・教職員・同窓会・育友会などが連携して復興に向けた取り組みをアピールしました(2020年は6月12日(金)に熊本県立劇場コンサートホールでの開催が決定しています)。

 募金の状況につきましては広報紙『九学通信』や募金依頼文書等で定期的に報告させていただいておりますが、最新のデータを不定期ではありますが学院ウェブサイトでも掲載させていただきます。2020年1月末現在、目標額1億2千万円に対し、(2019年3月末で本募金に繰り入れた)熊本地震義援金が42,937,931円、(2018年3月~2020年1月末の)震災復興特別募金が37,842,728円、合計で80,780,659円となっています(進捗率67.3%)。

 ここまでの皆さまの貴い募金に対してあらためて御礼申し上げます。募金期間も後半に入りますが、募金委員会では今後も各所に伺わせていただくなどして引き続いてのご協力のお願いをさせていただきます。出費多端な折ではございますが、皆さまのさらなるご厚情・ご協力をたまわりますようお願い申し上げます。なお、この特別募金の詳細につきましては【九州学院創立110周年 震災復興特別募金HP】をご覧いただきますようお願いいたします。