九州学院HOME - おしらせ - おしらせ詳細

おしらせ

チャペルで祈りを合わせ 平和礼拝を開催

[2019/08/30]

 8月29日(木)午前9時30分より九州学院ブラウン・メモリアル・チャペルにおいて平和礼拝のときをもちました。多くのキリスト教会では8月を特に平和をおぼえる月としており、近年は九州学院でも8月に平和礼拝を開催しています。時折激しい降雨があるなか、チャペルには約40人の生徒・教職員らが集いました。

 この日は会場準備から後片付けにいたるまで、高校宗教部(敬愛会)メンバーが奉仕にあたり、礼拝の中でも打鐘、アコライト(点火)、奏楽、聖書朗読などを担当しました。礼拝は小副川幸孝チャプレン司式のもとで進行し、チャペルに集った生徒・教職員は平和をおぼえて祈りを合わせました。説教では『平和を造り出す』と題して小副川幸孝チャプレンがメッセージを語り、生徒たちは真剣なまなざしで傾聴していました。礼拝プログラムと様子につきましては下記をご覧ください。

〔祈り(礼拝の中で心と声を合わせて一同が行ったものを紹介させていただきます)〕

 愛と憐れみに富みたもう父なる神よ、あなたは私たちに真の平和をもたらしてくださいます。多くの争いが絶えない中で、どうか私たちが心を鎮め、あなたの平安のうちに過ごすことができますよう、私たちを導き、私たちに平和をお与えください。争いのあるところに平和を、憎しみのあるところに愛を、闇に光を与えてください。み子イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

《礼拝式次第》

  前奏

  讃美歌  312番「いつくしみふかき」

  み名による祝福

  罪の告白

  キリエ(主よ、あわれんでください)

  赦しの言葉

  詩篇交読  第23篇

  祈り

  聖書  イザヤ書2章2〜5節、ルカによる福音書7章7〜14節

  讃美歌  243番「ああ主のひとみ」

  説教  『平和を造り出す』

  フランシスコの平和の祈り

  主の祈り

  讃美歌  354番「飼い主わが主よ」

  祝福

  後奏

 

IMG_6559.JPGIMG_6564.JPGIMG_6575.JPG