九州学院HOME - おしらせ - おしらせ詳細

おしらせ

人権学習会 中尾選手から熱いメッセージ

[2019/03/13]

 3月12日(火)、九州学院総合体育館において中高1・2年生合同による人権学習会を開催しました。今回は講師としてパラアスリート(パラ陸上T54クラス)の中尾有沙選手をお迎えし、『夢への挑戦』との演題で生徒たちにお話をしていただきました。

 中尾選手はご自身の陸上競技歴(第99回日本陸上競技選手権大会では三段跳びで優勝)を紹介しながら、日本一になるまで、そして目標を達成したときの思いや出会いを語られました。2016年1月、トレーニング中の事故により両下肢全廃となってからのリハビリのなかで車椅子陸上の世界に飛び込んだ中尾選手は、大会への出場をしながら講演活動、パラリンピック経緯初事業など多岐にわたって精力的に活動をされていることを紹介されました。

 お話の中で中尾選手は、不安もあったけれども家族やなかまの支えがとても大きかったと語られました。そして、ご自身の取り組みとして「心のバリアフリー」、すなわち思いを言葉にする勇気とお互いに知り合って歩み寄る姿勢を広めていきたいと強調されました。最後に、「2020年の大会出場に向けて私の夢への挑戦は続きます。皆さんも今あるものを最大限に生かして挑戦してください」との熱いメッセージを生徒たちに送っていただきました。

 この度はご講演いただきましてありがとうございました。今後ますますのご活躍をお祈り申し上げますとともに、中尾選手の次なる夢への挑戦を私たちも応援させていただきます。

 

IMG_4338.JPGIMG_4364.JPGIMG_4366.JPG