九州学院HOME - おしらせ - おしらせ詳細

おしらせ

30日(火) 熊本バンド142周年記念「早天祈祷会」

[2018/01/27]

 毎年1月30日午前6時30分より、JR熊本駅に近い花岡山山頂にある熊本バンド奉教之碑前において「熊本バンド○周年記念早天祈祷会」(本年は142周年記念)が行われており、九州学院からも生徒や教職員の有志がこの祈祷会に参加しています。

 1876年のこの日、熊本洋学校で教師ジェーンズの薫陶を受けた青年たちが花岡山に集まり、「キリスト教を奉じ、この教えを日本全国に宣布しよう」と誓約しました。このキリスト教青年団は「熊本バンド」とよばれ、「札幌バンド」・「横浜バンド」とともに日本のキリスト教プロテスタントの源流の一つとなりました。

 九州学院の初代院長である遠山参良先生はこの年、熊本洋学校の5回生でありました。奉教趣意書に署名したメンバーには入っていませんが、この熊本バンドの青年たちとともに同志社に転校し、学びを深めていきました。やがて遠山先生はブラウン先生とともに熊本での九州学院創設期を支える重要な働きをされるのですが、その建学の精神には熊本バンドの誓いが大きく影響しているのです。

 本年1月30日(火)に開催される「142周年記念早天祈祷会」では、同志社大学キリスト教文化センター所長で経済学部教授の横井和彦先生が奨励を担当されます。九州学院の高校生はルーテル学院の高校生とともに讃美歌の合唱を行い、さらに今回は代表生徒が奉教趣意書の口語訳を朗読します。

 この祈祷会はどなたでも参加可能ですので、皆さまの参加を歓迎いたします。天候にかかわらず実施されますが、毎年厳しい寒さのなかでの集会となりますので防寒対策を十分にされてお越しいただきますようお願いいたします。