九州学院HOME - おしらせ - おしらせ詳細

おしらせ

全国高校野球 25日10時半〜 決勝は九州学院vs文徳

[2015/07/24]

  7月23日に行われた第97回全国高校野球選手権熊本大会準決勝で、九州学院が多良木を6対3で、文徳が鎮西を3対0で破りました。

 その結果、25日(土)午前10時半からの決勝戦は九州学院と文徳とが甲子園への出場をかけて戦います。  皆様方のご声援を宜しくお願いします。

  なお、25日も全校応援となり、生徒は9時半、教職員は9時に三の丸公園集合となっています。暑くなりそうですので、各自熱中症対策には十分にご配慮下さい。

 

<熊本日日新聞 朝刊(7月23日(金))より転載>

 第97回全国高校野球選手権熊本大会第17日は23日、藤崎台県営野球場で準決勝があり、九州学院と文徳が決勝に駒を進めた。九州学院は5年ぶり、文徳は3年連続の決勝進出。
 第1シード九州学院は二回2死二塁とし、中原力也からの3連打で3得点。五回までに6−0とリードを広げ、シード校を連破してきた多良木の終盤の反撃を6−3で振り切った。
 ノーシード同士が激突した文徳−鎮西は、文徳が二回2死二塁から松永裕志の中前打で先制。三、五回も適時打が出て1点ずつ追加した。先発の平嶺悠斗は鎮西打線を3安打完封した。
 24日は休養日。決勝は25日午前10時半から同球場で。九州学院は5年ぶり8度目、文徳は18年ぶり3度目の夏の甲子園出場を目指す。

                          写真:この日も3安打3打点と好調の長谷川選手

20150724001_DAT_20150724141402001.jpg