九州学院HOME - おしらせ - おしらせ詳細

おしらせ

荒牧邦三氏が「くまもとの被差別部落」(自著)を寄贈

[2015/04/24]

長年にわたり熊日の記者として活躍した荒牧邦三氏(S18回・現熊日会館社長)が今年初めに「くまもとの被差別部落」を出版し、このほど九州学院図書室に5冊をご寄贈頂きました。

荒牧氏は主に社会部畑を歩き、一貫して被差別部落問題を取り上げ、部落実態報告から差別根絶への取り組みなど確かな取材姿勢で評価されています。一般書店で販売されていますので是非ご一読下さい。

1106508221.jpg

                                      同和問題は私たちの課題

            「くまもとの被差別部落」             

発行:熊本日日新聞社、制作・発売:熊日出版  体裁:A5判、上製本、308ページ、
出版年月日:2015年1月26日  定価:本体価格1,852円+税

=内容=                                                                                                          1980年代始めに熊日紙面に掲載された県内被差別のリポートを再掲。その後の人権意識の芽生え、同和対策事業と教育、解放同盟の動き、人権救済制度など幅広い内容にわたって検証を重ねる。さらに「現状」を加筆した取材40年の力作。