HOME - おしらせ - 高1アクティビティ「報告会」 2組が発表

おしらせ

高1アクティビティ「報告会」 2組が発表

[2018/11/06]

 11月2日(金)7時限、高校1年生特進コースは「夏のアクティビティ報告会」のときをもちました。今回はこの夏に行われたさまざまな体験に参加した生徒たちの中から、2組がパワーポイント資料を用いて発表しました。

 最初に、8月10日(金)~14日(火)に徳島県勝浦郡上勝浦町で行われた「第7回徳島サマーキャンプ」(主催:徳島県青年海外協力協会)に参加した野口さんと嶋崎くんが活動の様子を紹介して感想を述べました。この会は東日本大震災と熊本地震の復興支援事業の一環として行われているもので、福島県と熊本県、徳島県の高校生が交流しながら学びを進めていくプログラムとなっています。野口さんたちは日頃経験しない自然豊かな山村でのユニークな企画や異文化交流をわかりやすく発表しました。

 続いて、菊池さん、藤田さん、永田くんの3人が、8月11日(土)に熊本大学薬学部において行われた「ひらめき☆ときめきサイエンス」の参加報告を行いました。今回、同学部において行われた企画は「子宮頸がんに対するくすりをつくってみよう」でした。菊池さんたちは子宮頸がんの現状を紹介した後、検診率の向上への取り組みや副作用を和らげることができる治療システム、新薬の開発について実際に見聞きしたことを具体的に発表しました。

 各発表後には活発な質疑応答も行われ、充実した学びの時間をもつことができました。

 

IMG_2785.JPGIMG_2792.JPG